« 日比谷公園の噴水 | トップページ | WBCのイチロー »

2006/02/25

ほろ苦初登板

少年野球のコーチをして1年が経とうとしている。
最近はなかなか面白くなってきた。
自分でも本を読んだり、人に話を聞いたりして、子供たちに教えることを学んでいる。
わが息子もだいぶ上手になってきた。

その息子が今日は初登板。
自分は二塁審判。

胃が痛くなった。
声を掛けようにも掛けられない。
自分で投げた方がどれほど気が楽だったか。

ただ、随分頑張ってくれた。
「周りのコーチは良かったぞ~」と褒めてくれていた。
本人もまんざらではない様子。
結果はボロ負けだったけど、最初の一歩を踏み出した感じで、オヤジとしてもなんだか嬉しい。

ちょっと球数を投げ過ぎた感ありで明日が心配だが、「野球楽しいか?」と聞くと「うん!」。
思わず微笑んでいる自分。

自分が野球を始めたのはちょうど息子の歳だった。
オヤジに連れられて、小学校のグランドで練習しているチームに入った。
「リアノス」。
野球ばかりやっていたあの頃の自分と息子の笑顔が重なった。

|

« 日比谷公園の噴水 | トップページ | WBCのイチロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92965/8834539

この記事へのトラックバック一覧です: ほろ苦初登板:

« 日比谷公園の噴水 | トップページ | WBCのイチロー »