« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/28

河口湖マラソンにて自己ベスト更新!

河口湖の紅葉が最高にきれいなこの季節。
2005年11月27日(日)毎年恒例(?)の第30回河口湖マラソンに出場!
一年ぶりに自己ベストを更新できた。

【天候】  晴れ。気温-0.5℃。湿度95%。風向西北西の風1.2m。(午前7時現在)
【種目】  フルマラソン一般男子35~44歳
【ナンバー】4212
【記録】   3時間32分53秒(5分3秒/km)
【順位】  (総合) 990位/5850人中、 (種目)270位/1423人中

今年はこの大会を目指し、150km/月を達成すべく年初より取り組んだこともあり、昨年よりも気持ちに余裕があったように思う。
フルは何が起こるか分からないというのはこれまでの大会でも痛感していたし、前日からはさすがに緊張!
河口湖までは会社の同僚の塩ちゃんの車に同乗、行きは80’Sポップス歌いまくりでリラックスできた。
夕食前には翌日の健闘を祈ってみんなで乾杯!
22時に就寝。

~~ レース当日 ~~
<起床~スタートまで>
5:20に起床。
朝食は宿の都合で6:00から。
今年からスタートが繰り上がったことを宿の人は知らずにいたらしい。しようがない。
味噌汁に腹持ちのする餅が入っていたのは有り難かった。
軽く食事を済ませ、部屋にてバナナ、ゼリー、アミノバイタルを取る。
さっと準備をし、6:45に会場へ出発。
徒歩10分程度で会場に到着すると、すでに多くのランナ-がアップをしており、緊張が高まった。
近くのお土産屋に荷物を預け、7:20にスタートラインへ。
たくさんのランナーの間に入り、スタートを待った。

【マラソン完走記】
7:45 スタート。
スタートラインまでは2分7秒のロス。まずまずであった。
人の多さに予想通りの渋滞で、なかなか前に出られない。
左右にコースを変え、何とか自分のペースをキープ、前へ前へ。
大通りに出ると、正面に雪をかぶった富士山が現れる。
その大きさは「すごい」という一言につきる。
気持ち良過ぎてスピードが出過ぎないようにセーブ。

今回のレースは「我慢」「5分/km、HEARTRATEは150~155をキープ」「歩かない」がテーマ。

<スタート~5km>
最初の5Kmで体調をチェック。
なかなか調子は良さそう。
と思った途端に左足くるぶしの後ろが痛み始める。
疲れると出るいつもの痛みに不安が過る。
しばらくすると左横腹に違和感。食事が遅過ぎたか。
左臀部の張り。
とにかく体の左側がおかしいようだ。10kmまではこんなセルフチェックの繰り返し。
最初の5kmは25分12秒。HRは157。スタートの渋滞を考慮するとまずまずの出だし。

<5~10km>
一般の民家の間を進む道は思った以上に長い。
バタバタと足音をさせながら抜いていく人、どんどんスピードを上げていく人。
「あんなスピ-ドでは42kmはもたないのに」と何度思ったことか。
5分/kmの僕を抜くんだから速過ぎる。
8km位から湖畔に出る。
毎年のことだが、ボランティアの方々が食べ物を持って沿道に立っている。
本当に街ぐるみの大会運営。
10kmまでは周りの様子を見ながら、とにかく我慢!
10kmまでは49分25秒。RAPは24分13秒。HR160.
やはり少々オーバーペースだ。やばい!

<10~15km>
橋を渡り、日陰を抜けて去年2周目できつくなったところ。
日陰は寒い。
早く抜け出したい衝動に駆られるが、とにかく我慢だ!
15kmは1時間13分58秒。RAPは24分32秒。HR162.
少し抑えられたが、やはり少し速め。

<15~20km>
ここは湖の向こう側に富士山を眺められるとても快適なコース。
いくつかのトンネルを抜ける。
トンネルってのは暗いために上りなのか、下りなのかが分かり難いし、寒い。
ただ、トンネルを抜けるとそこには富士山があり、赤や黄色の紅葉がとてもきれい。
思わず「気持ちイイ~」と声が出てしまった。
気分を落ち着かせるため、意識的に景色を眺めながら走った。
そこで一人の女性ランナー(10087)に出会う。
サングラスを掛け、格好良い。ウェアもなかなか、美人でもある。
スピードも5分/kmくらい。彼女をペースメーカーに頑張ろうと決め、35kmで引き離されるまでの1周をともに走らせていただいた。(その後、僕は失速。彼女は恐らく上位入賞だろう)
20Kmは1時間37分59秒。RAP24分00秒。HR166。
やはりペースが速いか。

<20~25km>
この部分はだんだんきつくなるところ。
あまり特徴もない「裏河口湖」。コース的に結構しんどい。
ラスト一周!
ハーフ地点のタイムは1時間43分であった。
25kmは2時間03分03秒。RAPは25分04秒。HR169。
疲れるとHRは上がる(?)。

<25~30Km>
ここでは栄養補給をしようと計画していた。
給水所手前でPowerBarのジェル(ストロベリーバナナ)を口に入れ、給水では口の中をすすぐ。
味が濃いため、水なしでは飲めない。
陣馬山のレースでエネルギー切れになった経験を生かし、栄養補給はMustだと。
去年は足が張り、一旦停止し、屈伸をした地点。
快調だ。これならいける。左足も大丈夫!ところが、である。
この後で胃のあたりから気持ちが悪くなり、ペースメーカーの女性にだんだん引き離されてしまう。
ジェルが変に効いてきたのか。
30kmは2時間28分08秒。RAPは25分05秒。HR177。
「疲れるとHRは上がる」のだろう。よく調べておこう。

<30~35km>
景色は良いのだが、きつい。だんだんペースダウン。
ひたすら走る、走る。ここは紅葉と会話をしながら、とにかく気分を紛らわし、走る!
どこでトイレに行こうかと考えながらきたが、「時間がもったいないから、行っちゃえ~!」と決断!
35kmは2時間54分20秒。RAPは26分11秒。HR179。
ペースが落ちてしまった。

<35~GOAL>
35kmくらいの位置で、恒ちゃんに出会う。
少しびっこを引いてる
後ろから声を掛け、背中をたたく。
「3時間半を切れますよ」の声。
しかし、この時点では自分自身ではすでに残りをペースアップすることは難しいと考えていた。
とにかく5分/kmを言い聞かせ、若干スピードを上げた。
すると、なんとかなりそうだ。少しペースが上がった。
残り3kmの看板には「あと少し。武道館で徳光さんのサライが!」と書いてある。
シャレが効いているのに関心してしまった。
あと少しで去年左足が痙攣したところ。
今年は途中梅干をいただいたたため、塩分不足を回避でき、痙攣は大丈夫だった。
ラスト2kmからは「青葉大回り1周!」と言い聞かせ、最後の力を振り絞る。
信号を左に折れると沿道にはたくさんの人。
ラスト1kmの湖畔に沿ったコースはとにかく足を前へ出し、「あと少し」と自分に言い聞かせた。
最後のカーブを曲がって、駐車場に入ってからはダッシュ!何人抜いただろうか。
そしてゴール!
3時間半は切れなかったものの、自己ベストを大幅に更新し、気分は最高!

チップをはずし、Tシャツを受け取り、トン汁コーナーへ。
やはりレース後のトン汁は最高だ!
バナナ1本とザバス4杯。
この大会はレース後のこれがとにかくj有り難い。

【感想】
紅葉の中、気分良く走れた。
何より、歩かなかった。給水時も駆け抜けた。大きな成長だ。
自分のプラン通りのレース運びができたことは今後の自信にもなった。
以前から自分にはハーフくらいの距離が合っていると感じていた。
当面はフル出場は控え、ハーフ1時間半切りを目指し、走り続けるつもりだ。


| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005/11/23

国際千葉駅伝

今日は家族で国際千葉駅伝を観に天台の陸上競技場へ。
選手たちは無駄の無い体型の選手ばかり。

トップアスリートのスピードを目の当たりにし、あまりの速さにビックリ。
DSC01946

男女の選手が競技場を出た後で、子供向けのイベント。
ゲストはなんと3日前に東京国際女子マラソンで優勝した高橋尚子!
DSC01956
おまけに小出監督!
DSC01942
そして、会場には野口みずき、千葉真子とすごい選手ばかりであった。
河口湖マラソンに向け、「縁起イ~イ!」。
日本ランナーズの金さんには握手までしていただいて、これは自己ベストか!?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/11/20

ロッテマリーンズ優勝パレード

2005年11月20日(日)千葉ロッテマリーンズの優勝パレード!DSC01930
DSC01933

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

陣馬山トレイルレース!

2005年11月13日、初めてトレイルレースに出場。
7月のTARZANキャンプで「トレイルランって気持ち良い!」と感じ、レースに出てみたいと探して見つけた大会。
今月末の河口湖フルのためのトレーニングという意味も込め、早々にエントリーしていた。

前日の土曜日は体を休めようと予定を空けておいたのだが、急遽ピンチヒッターで仕事のゴルフ。
「ゴルフでは疲れないだろう」と軽く考え、OKしてしまった。(断れなかったということもあるが)

当日は5時半に起床。
車で現地に向かった。
途中、相模湖周辺は木々も色付き、日頃はなかなか感じもしない「秋」を感じた。

会場に到着。
ここは「変わり者」の集まり!
いつもなら周りにはみることのないトレイルランナーがたくさんいた。
思った以上に女性ランナーも多く、トレイルランが広まっていることを改めて認識。
ファッショナブルなウェアも多く、今後の参考にもなった。

スタートは9:30。
いつもの「マラソン」のレースとは雰囲気も違う。
割とリラックスしていた自分がいた。

ピストルの音と同時にスタート。
標高250mのイベントパークを出、左に曲がるといきなりアスファルトの上り坂。
約1kmで奈良本林道の入り口へ。
いきなり渋滞。
道が狭く、一列にならなければ進めない。
最初は皆が少しでも前に進みたい気持ちをなんとか抑えている。
人が一人歩ける幅の木の根が出ている道をひたすら登った。
早くも出場したことを後悔。「おいおい、結構キツイぜ~」

前に行きたくてもなかなか追い抜くこともできない。
最初は「抜きたい」想い、すぐに「マイペースで行かないと大変なことになる」という想いに変わった。

随分進んだと感じた「明王峠」。
標高740m、まだ4.80km!先が思い遣られる!

必死にとにかく登る。
のぼりはゆっくり、無理をせず、下りで飛ばすのがトレイルのコツ。
トレイルランナーの石川氏直伝の走りで陣馬山山頂を目指した。

陣馬山山頂に近付くにつれ、一般の登山客が多くなった。
せっかくの登山、天気も良く、ゆっくりと考えていただろうに、変わり者集団のレースに出くわし、気の毒だなあと思いながら走っていると、すれ違う人達がみな「頑張って!」と声を掛けてくれる。
「山を愛する人は心が広~い!」と思いながらようやく山頂へ。

陣馬山は855m。
四方が山々に囲まれ、天気も良く、見晴らしが最高であった。
距離は6.94km。
まだまだゴールは遠い。

いよいよ下り。
「天狗の走り」を見せようと意気込むも、思った以上の急傾斜。
足を取られないよう、最大限の注意をしながら下った。
何度足を捻りそうになっただろうか。
フルマラソンのトレーニングにはトレイルは不適であることを再認識した。
前に体を突っ込ませるのはなかなか難しい。
どうしても後傾になってしまう。
後傾になればなるほど大腿筋に負担が掛かり、足を疲労させるが、この傾斜は怖いが先になってしまう。
上沢井分岐を過ぎ、落合まで下りは一気に855mから240mへ。
落合でようやく半分。11.92km。
「まだ半分か~」という想い。
走っている間、リタイヤする理由を探してしまっている自分がいた。
それ程苦しかったが、今思えば情けない。

落合からのアスファルトの上りは急勾配の部分も多く、走り続けることは困難であった。
周りのランナーも急勾配では前に進むことを第一に考えていたようだ。

無理をせず、走れるところで走ろうと考えた。
トレイルランのひとつのコツは「上りで歩くことを恐れない」ことかもしれない。
決して「いけない事」ではないと思う。

落合からは標高240mから625mまで上る。
奈良子峠登山口を通り、栃谷林道分岐まではとにかくアスファルトを上った。
途中お腹が空き、のども渇いた。
完全なエネルギー切れだ。
初めての経験だった。とにかくお腹が空いた。次回のレースの課題だ。
距離ではない。「ハーフの距離だから給水、エネルギー補給は大丈夫」などとは思ってはいけなかった。
反省!

栃谷林道分岐からはラスト4kmの下り。
給水をし、一気に下る。
セーブしてきたパワーを一気に出す感じ。
足がガクガクであったが、天狗走りで下った。
スピードが出ていたのであろう、前を走るランナーは避けて道を空けてくれた。
確かに後ろから早いランナーが来るとあおられているようで、怖い。

右へ左へとくねりながら奈良本林道を下った。
どこまでも続く、木々の間のトレイル。
2m先を見ていては躓いてしまう。
前へ前へ。

落ち葉、木の根、石、倒木。
泥濘に足を取られる。

ようやく、最後のアスファルトの下り坂。
最後の力を振り絞って、ここでも飛ばした。
残り約1.5km。
いつもの青葉の森公園を飛ばすように飛ばした。
やはり心臓は大丈夫だった。
足だ。
フルでも足のスタミナがポイント。

人が多くなってきた。
イベントパーク入り口で後輩のT。
ピースをし、ゴールへ50m。
ゴ-ルはボランティアの人が白いテープを引いてくれていた。
2時間46分28秒。

とても過酷なレースだった。
ハセツネに出ようなんて安易に口にしてはいけないと反省。

ゴール後のゆずを散らした豚汁は最高。2杯ご馳走になった。
アミノバリューを一気に飲み干し、ようやくお腹が満たされた。

いろいろと反省すべき点も多かったが、走り切ったのは自分でも良く頑張ったと。
マラソンはやはり達成感だ。
それに尽きる。
この達成感を味わいたい。
河口湖フルは3時間40分を目指す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/06

仕事の疲れとランニング

このところ本当に忙しい。
飲む機会は意識して減らしているものの、残業で帰宅時間は相変わらず日付が変わっている。
やはり週末しか走れない。

今月は陣馬山のトレイルレースや、毎年恒例の河口湖マラソンがある。
少しでも早く帰宅し、仕事の疲れを取り、精神状態を安定させることで、昨年のタイムを更新したい。

フル3時間40分、ハーフ1時間半が当面の目標!!

その目標に向け、本日NIKEカタナⅢWIDEを購入!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »