« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/12

東京シティロードレース2005!

走りました!東京シティロードレース。
朝5:00に起床し、6:00に自宅を出て、好きな音楽を聴きながら、気持ちを盛り上げ、日比谷公園へ。
7:20過ぎには受け付け前に到着。
既に受付を済ませたランナーの方々とすれ違う。
徐々に気持ちが高まる。
一緒に走る会社の同僚と合流。
それぞれがストレッチ、アップを済ませ、「頑張りましょう!」と声を掛け合い、9:00に待機場所へ。

ゼッケンNOは「3349」。
周りは速そうな人ばかり。

近くの女性陣も「東京シティ」だけあり、かなりスタイリッシュなウェアで速そう。

スタート前に「ただ今の気温28℃」のアナウンスに皆がどよめいた。
かなり高い!
練習不足の同僚が心配になったが、自分自身も心配になった。
さすがにコースからして、ベストの42分17秒は無理だとは思ったが、45分をひとつの目標とした。

時計で9:34のスタート。
スタートラインまでは約1分。
普段は通勤で歩道を歩いている大手町の日比谷通りの真ん中を走っているということに感動。
しばし景色を楽しむ。

2kmを過ぎ、左に折れる。
神保町付近に差し掛かり、若干のオーバーペースが心配になった。
案の定、3kmの給水を過ぎた水道橋辺りで息がきつくなってしまった。
給水はうがいをする程度だったが、お腹が痛んだ。
東京ドームの4km地点辺りでは先が心配になる。
5kmの飯田橋では極力日陰を走ったが、道路の照り返しもきつくなってきて、かなり体力を消耗している自分に気付く。
6kmを過ぎた市ヶ谷の坂ではあと4km完走できるかすら心配に。
何度か歩きそうになったが、「歩いたら絶対に後悔する」と言い聞かせ、スピードを落としながらなんとか歩かず進めた。
残り2.5kmの給水では頭から水をかぶり、顔のほてりを沈めた。
ただ、暑い。身体が熱い。
だんだん意識も「ボワ~」としてきて、「なんとかゴールを目指すんだ!」と言い聞かせながら走る。
外苑に入り、学生時代に歩きなれた道。
緑の中を進む、進む。
国立近く、谷川真理さんとハイタッチ。
せっかくだったのに、進むのが精一杯でよく顔も分からなかった。

国立に到着。
先日のサッカーのワールドカップ、北朝鮮戦でたくさんの人がスタンドを埋めていた国立。
東京国際マラソンのゴールである国立競技場。
「そこを走っているんだ!」と思えない程、最後まできつかった。
最後は倒れるまでラストスパート!
ようやくゴール!

【記録】
  10km一般男子
    GOAL: 48:50実
    NET: 47:58実
    時刻:10:23:50実

こんなにきついとは想像していなかった。
本当にきつかった。
走り込み不足も反省するが、やはり気温が、、、、
しかし、条件はみんな一緒!
実力不足だなあ。

荷物受け取り後、隣に座って話をさせていただいた73歳のおじさん。
30年走っているって。
僕はいつまで走り続けられるだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »